秋神温泉旅館 ニュース・ログ

| home
  • 2021-03-04(Tur)
2007-12-27 「少しずつ凍ってきました」

ここ2~3日の凍みで氷が少しずつできてきました。

今朝の気温は-8度、水しぶきの飛んでいる所には

かわいい氷の赤ちゃんがいっぱい付いていました



つららも所狭しと伸びています。これらが時間をかけて大きくなり

1月中旬頃にはブルーの美しい氷点下の森を作るのです。

  • 01
  • 02
  • 03
2007-12-27 17:01:10 No.100

2007-12-23 「氷点下の森」

小林繁が氷点下の森を作り始めてから今年で37年目である

その長い年月,毎年毎年休むことなくこの氷の森を作ってきました。

なぜこの氷点下の森が生まれたのかその生い立ちを紹介しましょう。



 岐阜新聞 素描から

「マイナスの水をプラスの水に」

昭和四十年代、日本列島改造論の渦の中で、わが村にも開発の波が押し寄せてきた。

スキー場、ゴルフ場開発のプロジェクトが組まれ、都会の不動産屋が入り、

さまざまな情報が流れたものである。

資本力がない地元の旅館はどう生き残るか、緊急課題である。

春夏秋のシーズンはそれなりに安定していたが、

冬季は客足が落ち込み、典型的な夏型観光であった。

四季を通して安定した経営をするにはどうしたらいいか、

特に冬場の誘客について真剣に取り組んでた私の脳裏に、ひらめいたことがある。

子供の頃、朝夕の小学校への通学路、山の岩場から流れ落ちる水が、

冷たい川風を受けてブルーにきらめく氷になっていた。

この光景が子供の私の脳裏に強く焼き付けられていた。

「あのブルーの氷を作ってみよう」。

決意も新たに人工的氷作りを始めた。

それは豊富な水量、強い水圧、長期間の放水の地下吸水力、日照時間など、

氷の長期保存に耐える条件調査を行い、六百メートル上流の谷川の水を活用。

高さ百メートルの所にタンクを備え付けるなどの大変な難工事の末、放水を始めた。

霧のように飛び散った水は、数日後、樹木が青白い衣装を身にまとうかのように、

ガラスの谷間を作った。

マイナス十五、六度の厳寒の夜、休むことなく苦しい作業は続いた。

ようやくブルーに輝く氷の森が出現したのが昭和四十六年一月。

長くつらい氷点下の寒さ、これを逆手に取って、

飛騨川源流の「マイナスの水」を、「プラスの水」に変えた私は、

この森を『氷点下の森』と名付け、多くの人に感動をと願いながら、

手作り看板を立てた。

以来、飛騨の冬の風物詩としてしられるようになった。

       「氷点下の森」主宰    小林 繁
  • 01
  • 02
  • 03
2007-12-23 14:43:11 No.99

2007-12-21 「冬の自然散歩村を歩く」

この時期の自然散歩村はとても静かで、

私が雪の上を歩く(ぎゅぎゅ)という音しか聞こえない、

頬に当たる風は身を切るように冷たいがそれもなんとなく心地よい気がする。

池にできた模様もおもしろみがあってよい、

冬の自然散歩村の中を歩くのもいいものです。

  • 01
  • 02
2007-12-21 11:46:30 No.98

2007-12-20 「水車小屋とわらび粉作りVol.2」

秋神温泉山村資料室には、わらび粉作りに関しての貴重な資料が保存されています。
  • 01
  • 02
  • 03
2007-12-20 16:19:50 No.97

2007-12-14 「ヤドリギ」 

ヤドリギ(ヤドリギ科)は、クリ、ナラ、シラカンバなどに半寄生する灌木で、

ヤマドリ、ヒレンジャクなどの鳥が好んでの実を食べますが、

種子の周りには強い粘着性があり消化されないまま糞に混じって体外に出されます。

それが粘ったガムの様に木に付着して種子の付着根を寄生させ成長していきます。

このようにヤドリギは鳥達の働きによって分布を広げていきます。

またこの地域では江戸時代末期まで飢饉食として

ヤドリギからデンプンを採り、餅にして食べていたという記録もありますが、

食べ続けていると関節に痛みがでてくる症状がみられた様です。

今、私達はこのヤドリギを見て美しいとさえ感じますが、

先人達は鳥がヤドリギを食べるのを見て極限状態の中で必死に工夫しながら、

なんとかそれを食べて飢えをしのいだのでしょう。 
  • 01
  • 02
  • 03
2007-12-14 20:15:44 No.96

2007-12-13 「モモンガ」

秋神温泉氷点下の森にはモモンガが住んでいます。

目が大きくとてもかわいらしいモモンガはリス科で、

皮膜を広げて木から木へ滑空することができます。



モモンガは冬眠することがなく夜行性なので、

氷点下の森が美しくライトアップされてるときにも

氷の上を時々滑空する姿が目撃されます。



モモンガの大好物がカエデの翼果です。

氷点下の森の喫茶店、クリスタルハウスの前にあるカエデの木の下には

モモンガが器用にかわいらしく食べた翼果を沢山見つけることができます。
  • 01
  • 02
  • 03
2007-12-13 10:32:14 No.95

2007-12-7 「冬の贈り物」

秋神温泉上流にはカラマツの樹氷の森が美しくそして静に続いています。



氷点下の森では太陽の光を受けたつららのクリスタルな輝きが見られるようになりました。



ちらちらと舞い降りてきた雪をよく見てみると

それは冬の天からの贈り物、雪の結晶でした。

寒さの中で、とても幸せを感じる一日でした。

  • 01
  • 02
  • 04
  • 05
2007-12-07 22:12:41 No.94

2007-12-6 「12月の一品」

昨日雪が舞う中、遅摘みの山葡萄を収穫しました。



この時期の山葡萄は、水分が蒸発して渋味もマイルドになり

甘味が凝縮しています。



おいしい山葡萄のソースの出来上がりです!



飛騨牛の網焼きを天然エノキタケの旨味が溶け込んだクリーミーなソースと、

山葡萄の酸味のきいたさっぱりしたソースとのマリアージュで

お楽しみくださいませ!

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-12-06 10:50:23 No.93

2007-12-5 「わらび堀りの歌」

         わらび堀りの歌

      見たかよ 聞いたかよ 色も白じろと

      秋神のわらび粉 アラエッササー

      谷にとけこむ 秋山もみじ

      わらび堀り 堀り エッササ

      もみじかり あらもみじかり

      おらのはな はなふとるよね

      頼みますぞはなの神 アパンパコパンパコ

      拝みますぞえはなの神 アパンパコパンパコ

      タンタン タンタン
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-12-05 09:47:21 No.92

2007-12-4 「わらび粉作り」

旧朝日村秋神地区には、わらび粉作りが盛んだった

昭和初期から昭和30年にかけて、多いときは120軒の水車小屋がありました。



夜明け頃から1~2時間かかって山道を登り根堀場に着きます。

地下約30~50センチぐらいの深さまで掘り起こし根茎を採ります。



わらび根堀作業は4~5時間行なわれ、

1束50センチぐらいの束を5束掘り起こしてひと仕事とし、

この間に1回食事をとりました。



わらび根の運搬は普通ショイコ、イナワで背負って山道を下ります。

堀山と水車小屋との距離は遠い所で約7キロもありました。



運ばれた根は土がたくさん付いているので水車小屋わきの専用の池

(ドブともいう3メートル四角)でクマデを使い土を洗う

洗った根は箕(竹箕 笹箕)にいれて小屋に運びました。



水車が回り心棒についている3枚の羽根が回るたびに杵を交互に落とすと

ナラの木等で作った重い杵は落ちるたびに根を打ち砕き

これを小型のトビという道具で混ぜ合わせて作業する。



砕いた根を箱に入れ(りんご箱1パイぐらいを1コシという)一夜おきます。

翌日その根を大きな木をくりぬいて作った船

(全長3.5~4メートル 深さ40~50センチ)に入れ水をはり

三ツ手という道具で混ぜこの中で根を揉んでデンプン質を出します。

そして竹や木などのすのこ箱にすぎ葉をのせ

その上にわらび根の砕いたかすをぎっしりつめたこし器でわらび根水をこしていきます。



こし水を船の中で一晩おくと水とデンプンが分離するので、朝うわ水をとり

それをオケにいれ、もう1度水をいれ細かい金網でこし沈殿させると

上が白花(上等)、下が黒花(下等)というようにはっきりと分離します。



自然乾燥で8日間ぐらいかけて乾燥させ出来上がります。

製品を農協に出すと(1俵15貫ぐらい)農協は秋神特産のわらび粉として

全国に出荷しました。

   秋神温泉 小林 繁 「秋神の案内2」より


  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-12-04 18:54:31 No.91

2007-11-30 「水車小屋」

秋神温泉自然散歩村には、二棟の水車小屋があります。



私の父小林繁が、当時のものを移築したもので、

その一つは重要文化財にも指定されています。



ひっそりとたつこの水車小屋には、長い歴史と文化そしてドラマがありました。



秋神のわらび粉作り....... 文 小林繁 1972年

秋神の里 長い冬眠からさめた野山に木の芽がふくらみ、

山に白いコブシの花の咲くころ、

石屋根の脇を流れる小川では水車がコトコトコットンと回り、

秋神の里にもわらび粉作りが始まる。

残雪の御嶽・乗鞍岳がその風景を一層引き立て、また、小川の細道に

つりざおをかついだ子供達が魚を追う風景も今では遠い昔、

秋神の里からも、日本の田園からもなつかしい水車が姿を消そうとしています。

水はやさしい力を持ち水車をくるくる回す。

コトコトコットン、水車は水流を力に換えるすばらしい機械である。

この力のおかげで私達の村は、山に自生するわらびの根から澱粉を採ることを遠い祖先から教わり、

きびしい自然とたたかいながらこの村を守り、作り上げてきたのである。

その長い歴史の中で、わらび粉作りは村の人々と切り離すことのできない重要な産業だったが、

やがて時代の移り変わりによって、今日では忘れられた産業に変化してしまった。

私達の祖先が生んだ生活の知恵であり、重要な文化であることを私達は忘れてはいけない。
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
2007-11-30 21:26:35 No.90

2007-11-26 「弘法様祭」

22日の夜 ここ胡桃島で弘法様祭が行なわれました

弘法様の前で火を焚き 暖をとりながら湯飲茶碗でお酒を飲みます

笛と太鼓を鳴らしそれぞれが手作りの団子を弘法様にお供えして

ローソクに火を付けお祈りします



昔 弘法様がこの地を訪れた時 わらを燃やしそこから出たもので

何かを作りなさいと言われたそうです 出たものはワラビで

その根から澱粉を採りこの地の貴重な産業「わらび粉作り」が始まりました

  • 01
  • 02
  • 03
2007-11-26 22:12:10 No.89

2007-11-20 ウリハダカエデ

落葉し、少し寂しくなってきた林の中で一際目に付いたのが

このウリハダカエデです。

大量に残った翼果がまるで白い花の様に

不思議な雰囲気をかもしだしていました。

  • 01
  • 02
  • 03
2007-11-20 13:50:33 No.88

2007-11-17 いろんな出会いがありますよ


クマツヅラ科の落葉低木 ムラサキシキブが美しい実を付けて

風に揺られていました まるで梅仁丹の様でかわいいですね



カワラタケはサルノコシカケ科の白色腐朽菌で制ガン効力を持っています 

  • 01
  • 02
  • 03
2007-11-17 22:48:47 No.87

2007-11-16 イヌショウマ

晩秋の自然散歩村で唯一咲いていた山野草です



イヌショウマ(キンポウゲ科)

食べることができず役に立たないというところから名前が付きました



たぶん狂い咲きでしよう?

この寒空の下で元気よく咲いているイヌショウマにとても癒されました

  • 01
  • 02
  • 03
2007-11-16 18:23:31 No.86

2007-11-15 ツキノワグマと熊だな

木の葉が落ち見通しがよくなった山を見ていると

大きな鳥の巣の様なものが目にとまります

これは熊だなといわれおもにクリ ミズナラ コナラの木によく見られます

熊が枝を折り木の実を食べその枝を尻の下にひいて場所を作るため

それがこの季節になると折られた木の葉は落葉しないので

枯れたまま大きな鳥の巣の様に目立つのです



8月クワの実を夢中で食べていた推定2~3歳のツキノワグマ
  • 01
  • 02
  • 03
2007-11-15 13:13:26 No.85

2007-11-14 「千間樽高原」

この地点から1キロ先に秋神温泉がありその9キロ上流には千間樽高原があります

誰一人いない千間樽高原 白い雪原の向こうには御嶽山が勇壮にそびえ立ち

そして乗鞍岳が白い冠を頂に美しく私を迎えてくれました

壮大な自然に感動しながらその先に進めばダケカンバの林がまるで不思議な世界へのエントランスのように広がっていました

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-11-14 21:22:36 No.84

2007-11-13 大きなエノキタケ

ドロノキ(ヤナギ科)の葉が黄色と黒の美しいコントラストを描いています



カラマツの葉がしんしんと降り積もり道路をオレンジ色に.......

まるでじゅうたんの上を歩いている様な不思議な感触が足の裏に伝わってきます



昨晩 秋神温泉では初雪が降りましたが まだまだこんなキノコが採れます

BIGサイズのエノキタケ!すごいでしょう
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-11-14 20:21:07 No.83

2007-11-10 シラカンバ

皆さんにはシラカバと呼ばれて親しまれているこの木は

正確にはシラカンバという学名を持つ カバノキ科の落葉高木である

秋神温泉周辺では5月中旬から爽やかな新緑が楽しめます

夏には白と緑の美しいコントラストが涼しさを呼び

また今頃からの季節 葉が落ちたシラカンバは白いイメージが

より一層美しさを感じさせます

そんな白い樹皮を持つシラカンバがこんな悲惨な目に遭っています

一度剥かれた樹皮は二度と再生しません

この写真の様に黒い帯となって残ってしまいます

これはとても悲しいことです

どうかこの美しいシラカンバの樹皮がむやみに剥かれない様に

祈りたいと思います
  • 01
  • 02
  • 03
2007-11-10 22:46:22 No.81

2007-11-9 こうゆうのもいいね~!

枯れ葉の舞い散る自然散歩村の中で見つけたオプジェです
  • 01
  • 02
  • 03
2007-11-09 22:32:48 No.80

2007-11-8 木の実が目立ってきました

紅葉も終り自然散歩村の中では 木の実達が美しく存在感を表しています



その一つにマユミ(ニシキギ科)があります

木が強くよくしなるため 昔から弓の材料として使われてきました

名前の由来もそこからきています

桃色の果実が4つに割れて その中に赤い果実を覗かせます

なんともかわいらしいですね



ノイバラ(バラ科)

山に入るとノイバラの棘が刺さり よく痛い思いをしましたが

秋にはこんなかわいらしい実を付けます



PS いよいよ来週から氷点下の森制作の準備に取り掛かります



今年も皆様に感動していただけるような

すばらしい氷の森を作りたいと思いますので応援してくださいね!

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-11-08 23:28:46 No.79

2007-11-7 秋の御嶽
 

・千間樽高原から望んだ御嶽


・私の秘密の場所から見た御嶽 聞えるのは風の音だけ.......
  • 01
  • 02
2007-11-07 19:47:03 No.78

2007-11-6 カラマツの紅葉

・秋神温泉より上流はカラマツの紅葉がとても美しく

 山全体が黄金色に染まります



・紅葉は終わりましたが周りを見渡すとまだまだ木には葉が残っています

 オレンジ色の葉が湧き立つように山をにぎわしているんですよ



・落ち葉のじゅうたんをさらりさらりと歩き

 冷たい風を受けながら自然散歩村を歩いていると

 少しセンチメンタルな気分になりますよ




  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-11-06 20:44:53 No.77

2007-11-4 アオマムシグサ(サトイモ科) 

7月にマムシが鎌首を立てたような毒々しい姿を見せてくれた

あのアオマムシグサが落ち葉の敷き詰められた自然散歩村の中で

今度は毒々しい実を付けて目立っていました

  • 01
  • 02
  • 03
2007-11-04 15:56:38 No.76

2007-11-2 イワナの産卵

秋神温泉の小川ではイワナが産卵期に入り上流に集まってきています



イワナのカップルが産卵に向けて仲良く泳いでいます(大きい方が♀)



♀は身をくねらしヒレを使って小石を飛ばし産卵する為の場所を作っています



そこへすかさず他の♂達が♀を目がけて群がってきます



カップルの♂は♀にちょっかいをだす♂達を容赦なく噛み付き追い払います



残念ながら産卵の瞬間は見逃してしまいましたが産卵の為掘られた場所は

砂がかぶさり元通りにならされていました

♀は小石を掘りヒレをすり減らし

♂は他の♂を追い払う為に必死に戦ったのです

そこには子孫を残す為産卵に至るまでの一つのドラマがありました



  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-11-02 22:03:57 No.75

2007-10-30 まだまだ紅葉がきれいです

芸術の秋ですね.......

自然散歩村の中で、美しいものを見つけてください。
  • 01
  • 02
  • 03
2007-10-30 20:50:47 No.74

2007-10-28 「紅葉真っ盛り」

秋神温泉の紅葉がとても美しい時を迎えております

自然散歩村の中を歩けば夕暮れ時でもほんわりと明るく

不思議な世界に迷い込んだ様な気がします

また落ち葉の上を歩くかさっかさっとした音が

秋を感じさせることでしょう
  • 01
  • 02
  • 03
2007-10-28 19:50:44 No.73

2007-10-27 「紅葉の中で見つけたリンドウ」

紅葉の赤や黄色が目立つ自然散歩村

そこでリンドウを見つけました

霜の降った朝にでもまるで朝露をうけた感じで凛として美しく咲く

その力強さに驚かされました
  • 01
  • 02
  • 03
2007-10-27 22:22:54 No.72

2007-10-26 「紅葉情報」
  
昨晩からの雨で秋神温泉の紅葉がより一層美しくなりました
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
2007-10-26 15:08:00 No.71

2007-10-23 「紅葉」

       秋神温泉の裏を流れる清流秋神川

     その水面に映し描かれた紅葉のアートです

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
2007-10-23 20:41:37 No.70

2007-10-22 寒くなりました

今朝 秋神温泉に2度目の霜が降りました

霜が降りる頃採れるのがこのシモフリシメジ(キシメジ科)です

飛騨地方ではシバカブレと呼ばれとても人気のあるキノコです



クリタケ(モエギタケ科)です まるで栗マンジュウみたいですね



こんな群生を見つけた時には 思わず顔がほころんでしまいます



この3日間で私が採ったキノコです 

秋神温泉のキノコもそろそろ種類が少なくなってきますが

これからはナメコ ムキタケ エノキタケなどの種類もでてきますので

楽しみにしていてください!
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-10-22 22:35:26 No.69

2007-10-19 「エノキタケ」

   ・エノキタケ(キシメジ科)

広葉樹(特にヤナギ)の枯れ木や倒木に寄生する木材朽菌で

秋神温泉周辺では12月初旬まで収穫できる遅出のキノコなのです

皆さんが知っている栽培のひょろっとした白いエノキタケとは違い

天然ものは大きなもので直径10センチにもなるんですよ

食欲をそそる美しい色をしてこっくりとしたボリュウムのある旨味があります

特にお肉料理との愛称はピッタリのキノコです

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
2007-10-19 23:16:39 No.68

2007-10-18 「紅葉情報」

秋神温泉の紅葉情報

最近の気温 朝方は平均4℃ 日中は平均15℃ この状態で少し雨が降ってくれたら

私の予想では後1週間ぐらいで紅葉が綺麗になると思います

今のところ お風呂の窓から見たモミジやヤマザクラなどの部分的な紅葉を

紹介いたします お楽しみに!

PS 秋神温泉のキノコ鍋がCBCラジオで明日10月19日(金曜日)8:05~8:45

多田しげおの気分爽快~朝からP.O.N『金曜特集』という番組で放送されます

聞いてくださいね~!
  • 01
  • 02
  • 03
2007-10-18 23:55:17 No.67

2007-10-17 「ヒメヤママユ」

1.朝 ヒメヤママユ(ヤママユガ科)の♂と♀が交尾をしているのを見つけました



2.蛾と聞くだけで敬遠する人もいますが 私はとても感動しました



3.2頭のヒメヤママユはとても美しく子孫を残す為の1度きりの交尾をしているのです



4.こちらは♂で♀よりは少し小さいですが たくましいマスクをしています



5.♀はどことなく「風の谷のナウシカ」に登場するキャラクターに似ています



※ 蛾もよ~く見るとかわいいでしょ!
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-10-17 23:23:01 No.66

2007-10-12 「ベニテングタケ」

毒キノコのベニテングタケが今 最盛期を迎えています

針葉樹 広葉樹 特にカバノキ属の樹下に多く発生し

毒キノコの代表的なイメージを持った姿形をしていますが

昔から白雪姫などの童話の世界ではキャラクターとしてよく使われてきました

どことなくメルヘンチックでとても美しい色をしています

こんなふうに思うのは私だけでしょうか?

皆さんも自然散歩村の中でベニテングタケを観賞してみてください!

  • 01
  • 02
2007-10-12 22:58:41 No.65

2007-10-8 クロカワ(イボタケ科)


   クロカワ(イボタケ科)

私達はロウジと呼んでいて とても人気のある高価なきのこです

大きなものは20センチぐらいにもなり

赤松の林でよく採れるのですが地面を這う様にはえるので

注意して探さないと見逃してしまうきのこです

今年は今までになく虫が入ってない綺麗なロウジが沢山採れました

苦味がありますがお酒に合い 癖になる深~い味わいをしています

この味がわかるようになればあなたもきのこ通です


  • 01
2007-10-08 20:00:54 No.64

2007-10-2 「野草茶」

今日は私の父 小林繁が野草茶の材料を乾燥させていました

ドクダミ・トチバニンジン ・ゲンノショウコ ・ツルニンジン ・スギナ ・クマザサ

カキドウシ ・イカリソウなどです

夏にはミストの森の中で冷たい野草茶をサービスしておりましたが

これからの季節には暖かい野草茶をお出しいたします

大自然の中で野草茶を飲みながらヒーリングライフをお楽しみください!
  • 01
2007-10-02 19:18:19 No.63

2007-10-1 「アケボノソウ」

自然散歩村の中でまだまだ元気に咲いていました

リンドウ科 センブリ属のアケボノソウです

花冠の斑点を夜明け空の星に見立てたところから名前が付きました

とてもかわいらしい花ですね

秋神はもう秋真っ只中ですがもう少し咲いていて散歩する人たちを癒してくださいね!
  • 01
2007-10-01 21:11:37 No.62

2007-9-30 「きのこ鍋」

きのこが最盛期を迎えております

色とりどりのきのこ達が鍋の具となってすばらしい旨味を引き出し

きのこ鍋のいい香りが旅館内に漂っています

この秋の香りをお届けできなくて残念です

画像で我慢してください!
  • 01
  • 02
  • 03
2007-09-30 21:14:18 No.61

2007-9-28 「山ぶどう」

秋ですね~!

山ぶどうも色付きました 一つ味見しましたが まだまだ酸っぱいです

直接食べるんでしたら 一回霜が降りてからの方が甘味がでますが

この酸味が山ぶどうの特徴でもあるんです

しかし 秋神温泉の周りの山には沢山の山ぶどうのつるがあるのに

ぶどうがなるつるは50分の1の確立です 山ぶどうは結構貴重なのですよ

秋神温泉の庭の山ぶどうは今年少し不作ですから

とっておきのおいしいシークレットソースを作るために

これから頑張って山ぶどう採りに専念します 応援してくださいね~!
  • 01
2007-09-28 22:43:45 No.60

2007-9-19 「御嶽山」

御嶽山...... 長野県と岐阜県にまたがる独立峰の活火山で標高3,067m

剣が峰 麻利支天山 継子岳 継母岳の4つの峰と一ノ池~五ノ池までの5つの火口湖があり

総称して御嶽山とよばれています

昔から信仰の山として崇められてきた神々の山 御嶽山

この大自然の雄大さにはいつも心を奪われます
  • 01
  • 02
2007-09-19 12:08:35 No.59

2007-9-18 「今朝の収穫」

今朝の収穫は

ショウゲンジ・ニセアブラシメジ・サクラシメジ・ウラベニホテイシメジ

ロウジ・アカジコウ・アカヤマドリなどです

また これから山へ行ってきます.......
  • 01
  • 02
2007-09-18 11:41:52 No.58

2007-9-17 「今日の収穫と鍋」

今日の収穫です このホウキタケ(ホウキタケ科)は

味! 香り! しゃきしゃき感! 全てにおいて☆☆☆です!

沢山採ってきて 私の調理場はホウキタケのいい香りに包まれました

すばらしい!

さて今晩も秋神温泉のお客様の鍋物には沢山のきのこが飾られました

ショウゲンジ・サクラシメジ・ハタケシメジ・ナラタケ

クロラッパタケ・ハンノキイグチ・ヤマドリタケモドキ・アカヤマドリタケ

タマゴタケ・ホウキタケ などの多種多彩なきのこを全部 私が採ってきて調理いたします

いかがですかな?

お味見したいお客様はお早めに...........!
  • 01
  • 02
  • 03
2007-09-17 22:06:00 No.57

2007-9-16 きのこ 豊作ですよ!
 
このところ毎日がきのこ採りです!

沢山採れてこまっています!

早く皆様に『おいしい』と言って食べて頂きたいですね~!



ヤマハハコ(キク科)とてもかわいらしいですね

同じキク科のフキノトウにどことなく似ていませんか?

ドライフラワーにもなるんですけど こんど食べてみようかな~



以前 紹介したクルマバツクバネソウ(ユリ科)です

秋になってやっとで実を付けました

これがツクバネソウの名の由来です

まさに 羽根つきの羽根ですね



ルイヨウシヨウマ(キンポウゲ科)の実

胃薬の様に黒光りした実が目を惹きました......

なぜならば 昨晩の酒が少々残っていたからです

  • 01
  • 02
  • 03
2007-09-16 22:58:47 No.56

2007-9-14 『昆虫酒場」


・昆虫酒場を発見!

 カブトムシまだまだいるんだな~と感動しながら見てました



・クヌギの木の樹液が出る穴に頭を突っ込んで 夢中で樹液を 飲んでいます



・ミヤマクワガタです 本当は怒って相手を威嚇する為のポー ズなんですけど

 すご~く カワイイと思いませんか?



・これは ウドンゲの花と呼ばれる クサカゲロウの卵です


  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
2007-09-14 21:08:46 No.55

2007-9-11 「天狗祭り」

今夜 私の地域の氏神『小鷹神社』で天狗祭りが行われました

9軒の小さな集落で昔から続けられている素朴な祭りです

言われは 昔 天災と害虫による飢饉がおきて村人が困っている時

通りかかった行者にどうしたらいいか尋ねたところ

行者は山の天狗がお怒りになられている様なので

48体の天狗を作りそれを祀るように言われたそうです

村人達はその言いつけを守りました

それ以来飢饉はおさまり 毎年二百十日には村人達が野菜を持ち寄り

その野菜で天狗を作り祭壇に並べてお祭りをしてきました

それが今なお続く天狗祭りです



・皆が自分のところでできた野菜を持ち寄ってきます


・和気あいあいと48体の天狗を作っているところです


・夜になると作った作品にろうそくをともし祭りが始まります


・私達はこの天狗祭りをこれからも守り続け子孫に伝えていきたいと思います




  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-09-11 23:53:56 No.54

2007-9-10 「山の恵み」

・今日の山の恵み........



・キシメジ科のシャカシメジ(センボンシメジ)



・ヌメリガサ科のサクラシメジ(少し苦味がある)

・イボタケ科のクロカワ(飛騨地方ではロウジと呼び 食通向きの味!)



・イグチ科のアカヤマドリとヤマドリタケ 

  ちなみに これ 氷山の一角です!
  • 01
  • 02
  • 03
2007-09-10 21:27:19 No.53

2007-9-9 「きのこの季節到来!!」

秋神温泉に2度目のきのこの季節がやってきました!

朝 起きて外を見ると草木に付いた朝露が太陽の光を受け キラキラ輝いています

なんとなく きのこが採れそうな予感がしたので山へ入り探してみると

予想的中!みごとなヤマドリタケ(イグチ科)があるではありませんか

自然の恵みに感謝しながら山からきのこをいただいてきました

調理台の上できのこ達が早く皆様に味見していただきたいと待っております
  • 01
  • 02
  • 03
2007-09-09 12:51:32 No.52

2007-9-8 ツルニンジン(キキョウ科)

     [ツルニンジン]

・ツルニンジンはつる性植物でツリガネニンジンと同じ様に根がチョウセンニンジンに似ているのでこの様な名前が付いています



・まるで風船の様にかわいらしい蕾が膨らんで付いています



・このツルニンジンの1株に約40輪の蕾が付いていてそれはみごとなものでした



・花はとてもかわいらしく つるは和風情緒が漂う感じがします



・このつるに近寄っていると独特なツルニンジンの匂いが辺りに漂ってきます



・つる 蕾 花 そしてこのおほしさま......まだまだ楽しめるツルニンジンです
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-09-08 20:14:28 No.51

2007-9-6 「ツリガネニンジン(キキョウ科)」
 
ツリガネニンジンがかわいく咲いています

釣鐘の様な花とその根がチョウセンニンジンに似ていることから

この名前が付きました

秋風に揺られながら今にも透き通ったベルの音が聞こえてきそうですね

耳を澄まして聴いてみてください
  • 01
  • 02
  • 03
2007-09-06 14:04:08 No.50

2007-9-5 「セリ科の植物」
 
 谷間を歩いていて ふと目に留まりました

 小さな花の塊が 沢山集まってまるで花火の様な美しさです

 またまた 幸せな時間を過ごすことができました
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-09-05 22:11:16 No.49

2007-9-4 「おもしろいもの み~つけた!」

自然散歩村でおもしろいものを見つけました

さくらの切り株の上に作られたアートです

作者は菌糸です

それはまるで冬になると見られる霧氷に飾られた山や樹木の風景画でした

もうそろそろ秋ですね........
  • 01
  • 02
  • 03
2007-09-04 21:42:02 No.48

2007-9-3 サラシナショウマ(キンポウゲ科)
 
・サラシナショウマ


 若芽を水にさらして食すことからこの名前が付きました


 見上げるぐらいの高さでその花は風に揺られながら咲いています


 よく見るとその下のくもの巣にはこんなアートが.......思わず 時のたつのを忘れて見とれてしまいました
  • 01
  • 02
  • 03
2007-09-03 11:24:49 No.47

2007-9-1 「ヤマシャクヤク」

ヤマシャクヤクがざくろの様に割れてきました

少しずつ秋の気配を感じる今日頃ごろです

雨がよく降ったので きのこの出具合を見に山に入りましたが

今日は何も採れませんでした 残念.......

またきのこが採れたら すぐにブログに載せますので

その時まで 楽しみにしていてください!
  • 01
2007-09-01 00:05:14 No.46

2007-8-30 「夏の記憶」
            
・アカアシクワガタ


      ・カワトンボ(透明型)


             ・オニヤンマ  
  • 01
  • 02
  • 03
2007-08-30 23:42:07 No.45

2007-8-28 「千間樽高原」

秋神温泉から9キロ上流へ車を走らせるとそこには千間樽高原が広がっています

海抜1600メートル この雄大な風景に感動しながら

その中に足を踏み入れると正面には標高3026メートルの乗鞍が

美しい姿で出迎えてくれます



そして後ろを振り返ると標高3067メートル神々の山 御嶽がそびえ立っています

まじかに見る御嶽は絶えずその姿を変え ある時は迫力に満ち

またある時はその美しさに人々を魅了させます



千間樽高原に咲く花の一つにマツムシソウ(マツムシソウ科)があります

         美しいでしょう!

まだまだ紹介したいのですが今日はこの辺で........


    PS  ここは私の一番大好きな場所です
  • 01
  • 02
  • 03
2007-08-28 22:55:00 No.44

2007-8-22 「オニユリ」

オニユリの咲く季節です 吹く風も心なしか涼しげになってきました

ミヤマカラスアゲハが次から次へとオニユリの間を飛び回り

オレンジ色の中にミヤマカラスアゲハのブラックが美しく映えて見えます

さて同じユリ科のコオニユリとの区別がつき難い様ですが

時期的にはコオニユリの方がオニユリより2~3週間早い開花を迎えます

それから よく見るとオニユリの花被の元には小さな突起が見られ

コオニユリには見当たりません

しかし 一番分かりやすい特徴はオニユリには葉の元にムカゴが付いているところです

花では見分けがつき難いのですが 何故ムカゴの有無がはっきりしているのでしょうか

とても興味深い事実ですね......
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-08-22 22:40:11 No.43

2007-8-21 「再び キヌガサタケ!」


・朝9時 再びスッポンタケ科のきのこを発見! たぶん マクキヌガサタケだと思います


・傘部に粘液状に付いているグレバは10メートル先からも確認できるぐらいの悪臭を放っていました


・「美しい!」と一人で感激しながらシヤッターを切る......


・10時40分 強い日差しにレース状のマントはしぼみながら柄に張り付いていきました

         
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
2007-08-21 21:20:00 No.42

2007-8-18 「キンスジコガネ」
    
キンスジコガネを見つけました いかがですか?

光の当たり具合いによって キラキラ輝きます

 これぞ! 生けるジュエリーです
  • 01
  • 02
  • 03
2007-08-18 22:25:00 No.41

2007-8-16 「美しいものⅡ」
 
 ・秋神温泉のフシグロセンノウはすごくかわいいですよ~!

 ・その表面は金粉を散りばめた様にキラキラと輝いています

 ・こんなデリケートなクモの巣見たことありますか?

 ・これも又キラキラと光っています

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
2007-08-16 22:24:26 No.40

2007-8-15 「スッポンタケ科のきのこ」

7月に自然散歩村の中で綺麗なたまごを発見しました

写真で見てもわかるように色も大きさもピンポン玉ぐらいです

もちろん私はこれがスッポンタケ科の幼菌だとわかりますが

キヌガサタケかマクキヌガサタケのどちらか自信がありません

竹林内ではないので後者の方だと思いますが

結果はとりあえず美しいレースを見てからにしょうと

毎日楽しみにしておりましたそれがやっと昨日

グレバという悪臭を放つ粘液に包まれた頭部分が出てきたのです

何枚か写真を撮りレースのスカートが開いてから又こようと

一旦帰りましたがしかしその1時間後にここへ戻ってきた時には

写真に写っている虫がほとんど食べつくしていたのです

私はボロボロになったキヌガサタケの残骸の前で立ちすくみました..........

そしてキヌガサタケかマクキヌガサタケかは来年の今頃までわからなくなりました

私はこれが自然だと自分に言い聞かせてその場を立ち去りました
  • 01
  • 02
2007-08-15 22:45:35 No.39

2007-8-13 「自然散歩村で見つけました」
  

・自然散歩村で見つけた白花のフシグロセンノウ!

                とても幸せな瞬間でした



・これぞ 芸術です 作者は虫です.......

             花びらのカットがすばらしい!
  • 01
  • 02
2007-08-13 21:46:45 No.38

2007-8-12 トリカブト(キンポウゲ科)

 秋神温泉玄関前の小川には紫色の小鳥が何匹も枝にとまっている様な花が咲いています
これがかの有名な毒草!トリカブトであります
昔 北海道のアイヌ人がこの根から毒を採り毒矢の先に使って 熊をも倒す強力な毒でした 又 1987年には保険金目当ての殺人事件にも使われた事が有りトリカブトの名前が全国に知れ渡りました
恐ろしい花では有りますが私にとってはとても美しい花の一つで毎年この花が咲くのを楽しみにしています
皆さんも是非この写真でトリカブトを楽しんでください
  • 01
  • 02
  • 03
2007-08-12 23:06:06 No.37

2007-8-10 トチバニンジン(ウコギ科)

秋神温泉 自然散歩村にはウコギ科のトチバニンジンが

まるで花火の様に実を付けています

薬用効果もありその葉がトチの木の葉に似ていることから

この名前が付きました
  • 01
  • 02
  • 03
2007-08-10 20:52:25 No.36

2007-8-9 「秋神温泉の花」
 

・ユリ科のコオニユリが風に揺られて咲いています

 オニユリにはムカゴが付いていますがコオニユリにはなく

 そこで区別できます


・キキョウ科のソバナ かわいらしいですね


・フシグロセンノウはナデシコ科です

 節が紫黒色なのでこの名前が付きました
  • 01
  • 02
  • 03
2007-08-09 22:27:31 No.35

2007-8-7 「秋神温泉ハッピープロジェクト」
    
     ・秋神温泉ハッピープロジェクト・

自然散歩村を歩いていると時々 クモの巣に引っ掛かることがあります

爽やかな木漏れ日の中でのアクシデント!

慣れているけれどもハイな気分も少々落ち込んでしまいます

そこでいいアイデアを考えました

このクモの巣に葉っぱで顔を作ろうと........!

いかがですか?これだったら私の後にここを通る人もクモの巣に気が付き

そして この顔を見て思わずハッピーな気分になれるかもしれません

    これが 秋神温泉ハッピープロジェクトです

        ~have a nice time~
  • 01
2007-08-07 21:31:42 No.34

2007-8-6 「ヒーリングフォレスト」

・ここ秋神温泉は御嶽登山口の一合目です

 今朝 御嶽教の皆さんが秋神温泉の不動様に

 御参りして行かれました



・自然散歩村には樹齢200年以上の大木が数本あります

 そうした大木達にはすごいパワーがあり

 この森を守ってくれてる様な気がします



・疲れた人はベンチに座って森からパワーをいただきましょ
 う



・下界の暑さから離れて この涼しげなミストの森へ......



・この森はあなたを癒すためにあるのです.........

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-08-06 07:51:51 No.33

2007-8-5 「山野草を楽しもう!」

・キツリフネソウ(ツリフネソウ科)

この花の実は手で触れると弾けて種を飛ばします

その時の感触がたまりません



 ・シデシャジン(キキョウ科)

おもしろい名前ですね .....私の好きな山野草の1つです



 ・バイケソウの葉

新芽の時に山菜のオオバギボウシと間違えて誤食し

中毒を起こすケースが多いので注意しなければいけません

それにしても美しい葉ですね
  • 01
  • 02
  • 03
2007-08-05 14:55:31 No.32

2007-8-4 「美しい」

私が散歩村で出会った美しいもの.......

ラン科のオニノヤガラは葉緑素のない腐生植物です

蛍光色に光っているトクサは まさに竹取物語の世界!

バラ科のシモツケソウ 花一つ一つが小梅ちゃんみたい!

まるで美しいティアラの様なサクラソウ科のオカトラノオ
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
2007-08-04 18:59:54 No.30

2007-8-3 「自然散歩村は美術館 」
   私が散歩村で出会った美しいもの.......

 ・ミヤマカラスアゲハのさなぎです 大きさは約4センチ

 ・ミヤマカラスアゲハの成虫 優雅に飛び回っていました

 ・タテハ科のコヒョウモン 羽根がなければきつねの様です
  • 01
  • 02
  • 04
2007-08-03 22:19:34 No.28

2007-8-1 ウバユリ(ユリ科)

秋神温泉のウバユリが満開になっています

ユリ科といっても想像できないほど大型でイメージ的には

熱帯の植物といった感じですが

このうっとりする様なブーケはユリ科特有です

特に夜ホタルを見ようと外に出た時

このブーケに包まれるととても癒されます

そして何といっても花が咲き種が出来るまでの変化が

ウバユリの最大の魅力です
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-08-01 23:35:16 No.27

2007-7-30 「ハナビラタケ(ハナビラタケ科)」

林の中で見つけたハナビラタケです

大きさは直径30センチぐらいで遠くから見ても

かなり目立っていました

丁寧に採って持ち上げると とてもいい香りがして

肉質は光沢があり まるでアルデンテで茹で上げた

バタフライ型のパスタみたいな感じでした

そうだ このままボイルしてパスタ料理にしょうかな

たぶんクリーム系のソースが合いそうですね......
  • 01
  • 02
2007-07-30 13:52:08 No.26

2007-7-29 「森林浴」

秋神温泉 自然散歩村

この森の中には人を癒す不思議なオーラが漂っています

ミストに包まれたみずみずしい空間

そこは外界とは遮断された世界

暑さを忘れ -イオンを吸収し

木漏れ日の中で口に含む薬草茶の爽やかさ......

是非 体験して 癒されてください
  • 01
  • 02
  • 03
2007-07-29 22:48:59 No.25

2007-7-28 オオバギボウシ(ユリ科)

山菜としてよく親しまれているオオバギボウシですが

ユリ科のとても美しい花を咲かせてくれます

どの花を見ても花の付き方や咲き方に違いがあり

その特徴を楽しむことができます
  • 01
  • 02
  • 04
  • 05
2007-07-28 22:07:46 No.24

2007-7-23 「きのこ鍋」

秋神温泉のきのこ鍋は毎日私が山へ採りに行って

それを料理いたします

キノコには恐ろしい毒を持つモノも沢山有りますが

美味しい安全なものしか皆様にはお出しいたしませんので

ご安心ください

なお これから暑くなるとキノコ達も採れなくなりますので

今が旬のこのキノコ鍋が食べたい人は! あつまれ~!
  • 01
2007-07-23 21:01:35 No.23

2007-7-19 「自然散歩村で出会った美しい実と葉」

春 純白の美しい花をみせてくれたツバメノオモトの実

真っ赤な実を付けているのがハリブキです

白と緑の美しいコントラストを楽しませてくれるマタタビの葉


  • 01
  • 02
  • 03
2007-07-19 22:02:47 No.22

2007-7-18 「アカジコウ」

今日の午後また山に入りました

そこで見つけたのがこのキノコです

イグチ科のアカジコウは私の知っているキノコの中でも

ハイグレードなクラスのキノコです肉質が締まり

歯ごたえがあるので

いろいろな料理につかえとてもおいしいですよ

そしてそれだけじゃなく見てくださいこのキノコ

裏面には字が書けるんです

触れると青変する特徴があるからです

今日の日付を記念に入れました
  • 01
  • 02
  • 03
2007-07-18 18:29:22 No.20

清水です。
遅くなってしまいましたが、コメント復活したようですね。

そうですか、もどきがあるんですね、昨年2ヶ月きのこで?患いましたし、その山渓・・欲しいです。
御教授ありがとうございました。
2007-07-18 20:48:10 No.21

2007-7-18 「今日の収穫」

今日はキノコを求めて山へ行きました

ありましたよ~ イグチ科のアミタケやヤマドリタケモドキ

そしてフウセンタケ科のショウゲンジ

タコウキン(多孔菌)科のマスタケなどなど

もう採っている時は思いもよらない収穫に

一人でニコニコしっぱなしでした

皆様の所は暑いでしょうけどここはまだまだ涼しいから

今日はキノコ鍋でもしょうかな?

贅沢でしょう!キノコ食べたい人はお早めに。。。。。

  • 01
  • 02
  • 03
2007-07-18 13:46:14 No.18

akigami
私も以前ウラグロニガイグチと間違えてボイルして食べたキノコがありますが 清水さん同様苦くて食べられませんでした
たぶんニガイグチモドキと間違えたんだと思います
山渓カラー名鑑「日本のきのこ」ではウラグロニガイグチは味区分Aですからね
キノコはひとつ間違えば死にいたるものが沢山ありますから
気をつけましょう
2007-07-18 14:43:46 No.19

2007-7-17 「キノコがいっぱい!」

台風が去り 沢山降った雨のせいか

自然散歩村は今 キノコラッシュです

イグチ科のヤマドリタケモドキやアカヤマドリ

テングタケ科のタマゴタケなどのキノコが

みごとにはえていました

早速これだけのものを採ってきて......

後はそうですね~早く皆様に召し上がっていただきたいです

ね!もちろん料理するのは私です おいしいですよ......

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
2007-07-17 20:43:13 No.16

清水です。
こんにちは、清水です。
いいきのこを採ってきましたね、情報ありがとうございます。
私も先週マスタケを沢山採り、1週間きのこでした。
昨年7月写真と同種のきのこを地元で採りましたが、ウラグロニガイグチと茹でてしまい、苦くて食べられませんでした。
明日の朝、尾根に行ってこようかな、うずきます。
2007-07-18 09:59:03 No.17

2007-7-15 台風一過

台風が去り 自然散歩村では今にも 植物達の喜びの声が

聞こえてきそうです
  • 01
  • 02
  • 03
2007-07-15 10:29:06 No.15

2007-7-13 ヤマブキショウマ(バラ科)

花火がパチパチと散っている様な姿をしたこの花は

葉がヤマブキに似ていることから

ヤマブキショウマと名が付けられています

よく似ているトリアシショウマと同様

若芽の時は山菜として食べることができます

ちなみにヤマブキショウマはバラ科で

トリアシショウマはユキノシタ科です
  • 01
2007-07-13 22:38:17 No.14

2007-7-11 タマガワホトトギス(ユリ科)

花弁にある紫褐色の斑点が ホトトギスの胸の模様に

似ていることから また 花の色が黄色いのでヤマブキの

名所 京都の玉川にちなんでこの名が付けられました

花が全盛期になると 花の匂いに誘われてハナバチが

集まってきます

そしてこの王冠の様な花の中をグルグルと回るのです

そのうちにハナバチの体には黄色い花粉が沢山付き

他の花へと花粉を運ぶシステムになっている様です

すばらしいですね
  • 01
  • 02
  • 03
2007-07-11 18:23:01 No.13

2007-7-10 イワナ(サケ科)

これが「まぼろしの魚」と呼ばれているイワナです

しかし 何故 イワナがまぼろしの魚なんでしょう?

子供の頃からよく見 よく食べてきた親しみのある魚です

川へ行けばその魚影はあたりまえの様にみられ

まあ ここではそれほど珍しい魚ではありません

まぼろしの魚だと思う方は

是非!イワナを見に来てください!
  • 01
  • 02
  • 03
2007-07-10 20:31:02 No.12

2007-7-9 ミスジチョウ(タテハチョウ科)

庭を歩いていたら ミスジチョウが舞い降りてきました

雨の日は葉の裏に隠れているミスジチョウも

雨上がりの午後は 葉の上で気持ちよさそうに日光浴~♪

さー!風に乗ってテイク・オフ!!
  • 01
2007-07-09 22:53:01 No.11

2007-7-8 クガイソウ(ゴマノハグサ科)

クガイソウの花が湧き出る様に咲いています

4~5枚の葉が輪生し 段々に付いているので

葉だけでも楽しめますが

薄紫色をした花の絶妙なグラデーションには

人を惹きつけるものがあります
  • 01
  • 02
2007-07-08 17:06:55 No.10

2007-7-6 秋神温泉 山村資料室

秋神温泉の夕食後のひと時は館内 山村資料室にて

秋神温泉周辺の自然を紹介するスライドの夕べで過ごして

いただけます

また チョウの標本をはじめ 土器石器 山野草 御嶽火山噴火

などの貴重な資料も展示してありますので

興味のある方は是非ご覧になってください!
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-07-06 15:44:19 No.9

2007-7-4 ササユリ

自然散歩村には今 ササユリの香りが漂っています

目を閉じてその香りを楽しみながら

そよ風に揺れる花の美しさに見とれています
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
2007-07-04 10:47:16 No.8

2007-7-3 秋神温泉 自然散歩村

今日はどんな山野草と出会えるのかなと思いつつ 木漏れ日の中を散歩する

涼しげな秋神川のせせらぎ マイナスイオンのシャワーを一人いじめ

鳥のさえずりに耳を傾けながらほっと一息 そこにはお金では買えない贅沢があります 
  • 01
  • 02
  • 03
2007-07-03 10:25:06 No.7

2007-7-2 センジュガンピ(ナデシコ科)

日光の千手ヶ浜で発見され 花が中国産のガンピに似ているので
センジュガンピというおもしろい名前が付きました
白い5枚の花びらの先はランダムな切り込みになっていて
それぞれに違う味を持っています また背丈のわりには細い茎をしているので
少しの風にもゆらゆらと揺れてしまい
写真を撮るのに苦労しました
センジュガンピ とても清楚で繊細な花です
  • 01
  • 02
  • 03
2007-07-02 18:33:53 No.6

2007-7-1 「秋神温泉の自然」

オドリコソウ(シソ科)

オドリコソウが咲いていました
どこから見ても美しい踊り子の姿に見えてきます
これほどまでに名前とイメージが合った花は
他にはないでしょう
今にも白いうちわを振り上げ静な民謡にあわせて踊りだしそうな気がします



シライトソウ(ユリ科) 多年草

シライトソウは秋神温泉の中ではあまり数ない花ではありますが、
アツモリソウの近くに咲くので皆さんに関心を持たれてよく花の名前を聞かれます「あの~試験管洗う(たわし)みたいな花はなんていうんですか?」
私はなかなかの表現だな~と思いながらこう答えます
「白糸のように美しいのでシライトソウというんですよ」。。。。



キヌガサソウ(ユリ科)

毎年この時期になるとキヌガサソウの花が咲くのですが
今年はまだ咲きません
この花の前を通るたびに葉の中央部に溜まる落ち葉を
丁寧に取り除いていたのですがとても残念です。
アツモリソウ同様来年までお預けですね。。。。。
花は咲いていませんが8枚の車輪の様な葉だけでも美しいでしょ
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
2007-07-01 15:37:31 No.5

2007-6-30 「ウスバシロチョウ」
ニッコウキスゲ(ユリ科)

ゼンテイカ(禅庭花)という別名があるユリ科の多年草
葉の形が菅(すげ)に似ていて花が黄色く日光に多いところからニッコウキスゲと名付けられました朝方から開花し始め夕方にはしぼんでしまう1日草です
また同じ仲間のユウスゲはその名のとおり夕方から開花し朝方しぼみます
おもしろいですね



ウスバシロチョウ(アゲハチョウ科)

ウスバシロチョウは胴が細かい毛で覆われていて透けるような白い羽を使い草原を優雅に飛び回ります
幼虫の食草はケシ科のムラサキケマンやエゾエンゴサクなど 1ヶ月ぐらいしか飛ぶ姿を見られないこのチョウの祖先が氷河期から子孫を絶やさず今なお繁栄し続けているその生き様には感動させられます
ウスバシロチョウに乾杯!



ベニバナヤマシャクヤク(キンポウゲ科)

待ちに待ったベニバナヤマシャクヤクの蕾が開きました。
ピンク色の蕾もかわいいですけど、開いた花の中身はなんとも言えない複雑な色と構造をしていてとても感動!
なかなか開かなくて開くとすぐに散ってしまうこの花の開花タイミングに出会えた私はとても幸せでした。
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
2007-06-30 20:59:40 No.4

'07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
'08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
'09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2010
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2011
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2012
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2013
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2014
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2015
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2016
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2017
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2018
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2019
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2020
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2021
1
2
3
© 2015 News/Log MOUNTAINTRAD® Inc.